フラワーアレンジメントのアレンジ例の種類

フラワーアレンジメントのアレンジ例の種類

フラワーアレンジメントは吸水スポンジに花を挿していく技法であり、生け花と同じように様々なアレンジの種類があります。
初心者に作りやすいのがラウンド型であり、アレンジメントの基本の形でもあります。
オールラウンドは真上から見ると円に、側面から見るとドーム型になっている必要があり、四方どこから見てもお花が入っていないといけません。
ラウンド型から変形させたのがオーバルです。
楕円形もしくは卵形をしており、ラウンド同様360度花が入っている必要があります。
フラワーアレンジメントの中でラインが美しいのがバーティカルです。
バーティカルは垂直型に構成されており、片方見の種類となります。
スッと伸びた花材をしっかりとまっすぐ挿さないと形がずれていき、さらにフォーカルポイントにどのようなものを入れるかが重要になります。
フラワーアレンジメントの中で難しいのが三日月型をしたクレッセントです。
動きのあるのが特徴で、三方見であるため背面が壁や窓になっている部分用に適しています。
枝や茎の流れをよく見て利用することが求められ、慣れるまで大変難しいのですが、花本来の美しさを感じることができるアレンジメントです。

プレゼントにフラワーアレンジメントはおすすめ

人に何かをプレゼントをするというのはとても悩むもので、よろこんでもらえるにはいったい何を贈ったらいいのか迷うという人は多いようです。
しかし、どんな人に喜ばれるものがあります。
それはフラワーアレンジメントです。
フラワーアレンジメントとは、お花をかごなどにきれいに活けているもので最近はただお花だけではなく、クマのかわいいマスコットなどの飾りなども一緒に飾っています。
花束とは違って花瓶がなくてもそのまま飾れるという魅力があります。
フラワーアレンジメントは病院へのお見舞い、結婚祝い、出産祝いなど様々なシチュエーションに適応できます。
プレゼントで送る際の費用相場は相手との関係性などによって大きく異なりますが、親しい友人の出産や結婚などのお祝いにおくりたいのであれば3千円から5千円が望ましいですが、お世話になった上司への退職祝いとなると職場のみんなで費用を出し合って5千円から8千円位が良いかもしれません。

フラワーアレンジメントに関する情報サイト
フラワーアレンジメントの雑学

このサイトではこれから挑戦したい人必見の、フラワーアレンジメントの知っておきたい雑学や常識をご紹介しています。花を用いたアレンジメントはどんな場所で習うことができるのか、という気になる疑問にもお答えしています。習いにいって自分で花を綺麗に飾れるようになりたい場合には、ぜひ参考にしてください。さらにアレンジ例の種類も解説しているサイトです。様々なタイプがあるアレンジメントについて詳しくなることができます。

Search